ピルの飲み方と役割を知ろう

アフターピルの飲み方

アフターピルは緊急の避妊方法のひとつで、妊娠を避けるために服用される避妊薬です。
使用するタイミングは性行為の後のおよそ72時間程度とされていて、それよりも遅れてしまうと精子が受精してしまったり、着床の危険性も高まってしまい、ほとんどアフターピル服用による作用がなされないということが多いようです。

またこのアフターピルは医師による処方薬ですので、入手する場合には飲み方など担当のお医者さんからの指導はあるものと思います。
しかし、医師からの処方薬以外での方法で手に入れた場合には飲み方のくわしい注意点などを理解しないまま服用してしまうケースも考えられますので、気を付けましょう。
万が一間違えた飲み方をしてしまうと、先ほども述べたように避妊を失敗する恐れもあるからです。

ちなみにアフターピルには、「プラノバール錠」と「ノルレボ錠」という2種類があります。
これらはそれぞれに用法などに違いがありますので注意しましょう。

まず、プラノバール錠のほうは1回で服用するのが2錠となります。
そして約12時間たった後に、もう一度2錠服用します。
この12時間後の服用は大切なことでかならず守るようにしたいので、2錠目の服用である12時間後が夜中など就寝時に重なってしまわないように、最初の1錠目を服用する時間を適切なタイミングにしておくことが非常に大切なこととなってきます。

そしてノルレボ錠の使用法についてですが、こちらは簡単で1回2錠を服用するだけとなっており、プラノバール錠と違いその後の服用はありません。

プラノバール錠は価格が安いのが特徴ですが、1日に2回の服用が必要となっております。
一方、ノルレボ錠のほうは1日1回の服用で済みますが、薬の価格はやや高めとなっていることが多いです。
そしてこのノルレボ錠の方は性行為の後、120時間くらいまでは避妊できる可能性が残りますので、72時間以降であってもあきらめることはありません。

アフターピルと低用量ピルの違い

低用量ピルは基本的には毎日服用しなければなりません。
これによってホルモンバランスを調整できますので、擬似的にですが妊娠しているような状態にすることができます。
この結果、本当に妊娠するということを避けることができますし、生理リズムを崩して出血量をおさえて調整することもできます。
ですので低用量ピルは、おもに確実に避妊をしたい場合や、生理不順による出血量が激しい場合にも非常におすすめできる避妊薬といえるでしょう。
欧米などでは、ただで配布されているところもあり、避妊薬といえばこの低用量ピルの服用というイメージがあるようです。

また低用量ピルは個人個人に対する相性も大きいとされているので、自分にあう低用量ピルを選ぶということがとても重要になってきます。
そして正しい方法で低用量ピルを服用している限りその避妊率は、かぎりなく100パーセントに近いとされていて、これはコンドームを使用した際の避妊率を上回ります。
ちなみにコンドーム使用による避妊率は、コンドームが破れるなどしてしまわない限りはおよそ97パーセントくらいであるといわれています。

そしてアフターピルは別名「事後ピル」や「緊急避妊薬」とも呼ばれているもので、避妊できなかった性行為の後の避妊率をあげることができる避妊薬です。

アイピルというアフターピルは相性があわない低用量ピルを服用してしまっている場合や、予想できずに起こってしまったトラブルへの有効な対処として使用されることが多いようです。
また先ほども述べたように避妊に失敗した性行為の後、72時間以内に服用すれば避妊率を上げることができますが、その避妊率は服用するタイミングの早さに比例して上がっていくというのも特徴です。