ピルの飲み方と役割を知ろう

トリキュラーの成分と効果のメカニズム

男性と女性が性行為をすることで妊娠をしてしまう可能性があります。
これは自然なことであり、妊娠をしたら困るという場合には妊娠を避けるための方策を考える必要があります。
今は日本で認可されるようになった妊娠を避ける医薬品もあるので、そういった医薬品に頼ることで高い効果を期待することができます。

その一つとしてトリキュラーという錠剤のホルモン剤があります。
これは3相性のホルモン剤であり、生理の開始と同時に飲み始めて、赤褐色の錠剤を6日間、次に白い錠剤を5日間、そして黄色い錠剤を10日間服用することでホルモンバランスを整えて生理周期を28日間に安定させることができます。
最後の7日間は飲むタイプでも飲まないタイプでもよくなっており、28日型や21日型で自分に合ったものを選ぶことができるようになっています。

最後の7日間というのは28日服用タイプでは白い大きめの偽薬を服用することになるのですが、ホルモン剤が入っていないために飲まないのと同じことになります。

トリキュラーの成分は卵胞ホルモンのエチニルエストラジオールと黄体ホルモンのレボノルゲストレルです。
これらのホルモンによって妊娠したときと同じようなホルモンの状態になります。
そこであらわれる効果としては、排卵を抑えたり、精子が子宮に行きにくくなったり、できた受精卵が着床しなくなるといったことを期待することができます。

生理周期を安定させることができるので、生理不順の改善や更年期の症状の緩和、出血を少なくすることもできます。
トリキュラーのメカニズムを知って正しく服用することによって妊娠しないように調整することができるようになります。

現在、トリキュラーはとてもメジャーになっており、多くの女性が医療機関で処方してもらったり、海外からの個人輸入で入手できるようになっています。
ですから、性生活において女性が自分の身を守ることができる薬でもあります。

トリキュラーは副作用が少なく安全

トリキュラーが人気であるのには、理由があります。
それは副作用が少ないため、過ごしやすいということです。
トリキュラーは3段階で卵胞ホルモンと黄体ホルモンのバランスを変化させていくようになっています。
これは女性の体にとって自然な形で変化できるようになっており、体に負担をかけることが少なくなるので、安心安全なのです。

一般的には妊娠しないために服用する低水準の量が配合されたホルモン剤というのは飲むことで吐き気や嘔吐、血栓症などの副作用が出やすくなります。
高水準の量が配合されたホルモン剤が入った薬ではつわりに似た症状があらわれたり、むくみや体重増加などの不快な症状が出てしまうものですが、トリキュラーはそれが出にくくなっています。
軽度の胸の張りや嘔吐、胃痛・めまいなどがあることもありますが、他の薬よりは出にくいのがトリキュラーの良いところといえましょう。

妊娠をしないようにするために服用する薬が数多く出ていることは確かですが、日本においては多くの医療機関で処方されており、女性も自分で選ぶことが多いのがトリキュラーです。
女性にとって自然なバランスのホルモンになっており、段階でホルモン量を変えていくというメカニズムを知って、うまく生活に取り入れていくことで望まない妊娠を避けることができるようになります。

このように、2つの成分のホルモンの配合量を少ない量から多い量に調整して変化をさせていくことで体に合わせた形で飲むことができるので、トリキュラーは副作用があまりあらわれないようになっています。
毎日飲み続けることになるものだからこそ、人気のある安全なものを選ぶようにして、不快な思いをしないようにしていきましょう。