ピルの飲み方と役割を知ろう

ピルと鎮痛剤の併用はしてもいい?

ピルは排卵を抑制する薬でもありますが、最近の使われ方として生理痛の軽減目的に処方されることがあります。
どうしても我慢が出来ない生理痛のために、鎮痛剤が手放せない女性も多いのですが、ピルを飲むことで、痛みを和らげることが出来るのです。

そもそも生理痛の原因は、排卵する際に一緒に排出される経血が原因です。
経血が排出されるときには、子宮が収縮するために痛みが引き起こされるのです。
つまり排卵をしなければたくさんの経血が排出されることはなく、子宮の収縮も抑えられます。
つまり痛みが少なくて済むのです。

ピルは、痛みに直接働きかけるわけではなく、痛みの原因となる排卵をコントロールする役割があるのです。

中高生のうちは身体の成長過程であるために、生理周期のきちんとしていない人も多くいます。
その場合、次の生理までの間隔が開くことで、経血の量が極端に多くなったり、激しい痛みを引き起こすこともあります。
中には起き上がれないほどの痛みに悩まされる生徒もおり、そういった場合は鎮痛剤を飲むことも少なくありません。
しかし鎮痛剤で痛みを抑えることは出来ても、出血量を減らすことは出来ないため、結果として学校を休まざるをえない人もいるのです。

そのような中高生の人でもピルは服用できます。
婦人科を受診し、月経困難症の診察を受けることでピルの処方を受けることが出来るのです。
学校生活に支障をきたすほど、生理に悩んでいるのであれば、一度婦人科を受診することをおすすめします。

しかし薬というものは、必ずしもすべての人に効くわけではありません。
ピルを飲んでいても生理痛が治まらなかったり、お腹の痛みは軽減しても頭痛は残ってしまうこともあります。
そういった場合には、鎮痛剤を併用することになります。
ピルと鎮痛剤の併用は、特に禁止されているわけではありません。
我慢をし続けるくらいなら、両方を適宜飲むことによって、身体への負担を減らすことはよい解決策なのです。

鎮痛剤を飲む時は胃腸薬も飲もう

ただし、ピルと鎮痛剤を併用する場合には注意点があります。
鎮痛剤というのは、胃の粘膜を荒らしてしまう働きがあります。
特に空腹時に鎮痛剤を飲むことは、胃の粘膜に直接薬が作用することになるので荒れやすくなります。
長期間、鎮痛剤を服用している人は、胃の粘膜が常に荒れている状態となり、いずれ胃潰瘍に進行する可能性もあります。

そこで鎮痛剤を服用するときには、一緒に胃腸薬を飲むといいでしょう。
胃腸薬にもいろいろありますが、ムコスタは価格も安価で、食前・食後どちらでも飲むことが可能です。
生理による頭痛は、いつどこで起こるかわかりません。
空腹時でも飲むことが出来るムコスタは胃腸薬としてはおすすめといえます。

ところがムコスタは、市販薬として購入することは出来ません。
医師の処方箋がないと、処方してもらえないのです。
そのため、ムコスタを服用したい場合は、ピルを処方してもらう病院で、鎮痛剤と一緒に処方してもらうといいでしょう。

ムコスタには種類があります。
一般的に知られているのは錠剤ですが、錠剤はのどに引っかかるため苦手という人も少なくはありません。
その場合は、ムコスタ顆粒というものもあります。
顆粒は一粒1ミリ程度ととても小さく、のどに引っかかることはありません。
処方してもらうときに、医師に言っておくと安心です。

もし急に痛みが出て、病院に行けないというときには、ムコスタに代わる胃腸薬をドラッグストアで探す必要があります。
胃腸薬には大きく分けて2種類のものがあります。
ムコスタに代わるものは、胃の粘膜を修復する胃薬です。
もう一つの胃薬は、胃酸の量を調整するための胃薬になるので、鎮痛剤と一緒に飲む場合は前者の胃粘膜保護剤の方を選びましょう。