ピルの飲み方と役割を知ろう

避妊効果を期待するピルの飲み方

カップル時代の流れとともに男性と女性の付き合い方の感覚も変わってきています。
結婚を前提に付き合うのであれば、二人の関係を深めるための肉体関係が許されるといった頃は昔のことであり、今は気軽に二人の気持ちを確かめあう手段として性交渉というのが当たり前になっています。

男性と女性が性交渉をすることで妊娠をする可能性があります。
これは健康な男女ではありうることであり、そうなったら困るという場合には避妊をしなければなりません。
避妊方法として日本では男性の使うコンドームが一般的でしたが、今はいろいろな方法をとるようになっています。
特に欧米ではポピュラーであるのがホルモン剤の配合が少ないピルであり、毎日服用することで排卵を防ぐことができるので、妊娠しないという仕組みになっています。

ピルは正しい服用で高い避妊の成功率を誇る避妊方法になります。
28日の生理周期になっており、21日服用のタイプと28日服用のタイプがあります。
飲み方としては毎日服用することが基本になっており、それによってほぼ100%に近い避妊の効果を期待できます。

ピルに含まれる女性ホルモンによって、ホルモンバランスを整えることになるので、周期を固定することができる上に排卵を抑える働きがあるので、男性の精子が女性の体内に入ったとしても卵子と出会うことがないので、受精卵ができない、つまり妊娠をしないということになります。

ピルには数段階になっているホルモン量の錠剤があるので、女性の体内のホルモン量に変化があります。
その中でも飲み忘れがある場合には避妊の効果がなくなってしまうために他の方法に切り替える必要があります。
この目安になるのが丸2日間、48時間以上飲まない状態になってしまうことです。

丸2日間で服用がない場合にはその効果がなくなります。
ですから、毎日の習慣づけが大切であり、同じ時間に飲むようにしていくのがいいといえます。
正しく服用することで高い効果が期待できるピルを上手に使うようにしましょう。

48時間以上飲み忘れた場合の対処と避妊効果

ピルの飲み方については、毎日の習慣づけが大切です。
自分で毎日飲みやすい時間を決めて服用するようにします。
21日服用タイプと28日服用タイプは根本的には同じ役目がある錠剤になります。
28日服用タイプでは同じ28日周期の中でも21日間はホルモン剤が配合された錠剤を飲むようになっていて、残りの7日間はホルモン剤が入っていないダミーの錠剤を飲むことになります。
28日服用のタイプでは常に錠剤を服用するようになっていて、飲まない期間がないので習慣づけがしやすくなっています。

しかし、飲み忘れがあった場合には対処をしていく必要があります。
48時間以内に気づいて服用を再開すればいいのですが、それ以上の時間が空いてしまった場合には他の避妊方法にします。
なぜなら、一定の時間以上の空白があると効果がなくなるからです。

飲み忘れてそのまま服用しない状態では、まもなく生理がくることになります。
ピルを飲まない状態では避妊効果がなくなるので、コンドームの使用をするなどの方法を併用して避妊をしていくという対処法がいいといえます。

生理がきたら、再びピルの服用を開始します。
そうすることで再び高い避妊効果を期待することができます。
ただ、飲み忘れた分の錠剤を間違えて服用にしないように気をつけるようにします。

また、28日服用タイプでは最後の7日間はホルモン剤が入っていない錠剤になるので、その飲み忘れに関しては避妊効果に関係がありません。
ですから、最後の7日分で飲み忘れた場合では、そのまま避妊効果が持続するので、次の生理を待つようにします。

ピルの仕組みを知ることで、よい形で避妊をすることができるので、上手に活かして望まない妊娠を防ぐようにしましょう。