ピルの飲み方と役割を知ろう

28錠のピル1シート目の飲み方

この世の中には男性と女性が存在しており、出会って付き合うことになった二人は肉体関係を持つことになる場合が多くなります。
それは愛情を確かめ合うためには大切な行為であり、それによって子孫を作り出していくことにもなります。
しかし、触れ合うための性としては時に生殖を目的としないこともあります。

そこで性行為によって妊娠をすることがないようにするためには避妊をする必要があります。
その方法というのは多様化していますが、女性が自分で自分の身を守るために服用することで高い避妊効果を期待することができるのがピルになります。
特に事前に妊娠をしない体質にするために服用するのがホルモン量が少なめのピルになります。
女性ホルモンの量が少ない錠剤で女性のホルモンバランスを整えて生理周期を28日間に固定することができるようになります。

この種類のピルには28日間服用するタイプと21日間服用するタイプがあります。
どちらも同じ役目をするものであり、28日間服用するタイプでは最後の7日間はホルモン剤が入っていない偽薬になっており、体への影響がないものになっています。

28日間で毎日服用するタイプでは全部で1周期1シートで28錠服用することになるのですが、女性の自然なホルモンバランスに近いように段階でホルモン量を変えてあるものがあり、その順に従うことによって排卵を抑制することができ、生理周期を整えることができ、子宮内膜の出血量を安定されることができます。
ですから、避妊効果だけでなく、生理不順や月経の際の腹痛や排卵痛の緩和、生理日の調整などの目的としても服用することができます。

飲み方としては毎日同じ時間に服用するように習慣づけると飲むのを忘れることなく、服用することができるようになります。
特に28錠タイプでは常に飲み続けることになるので、形では全く飲まない状態の7日間も発生しないことになるので、初心者には適した服用方法といえるでしょう。

ピルを飲んでいつから避妊効果が期待できる?

それでは1シートで28日間、28錠タイプの服用のピルではいつから飲んでいくのがいいのでしょうか。
通常、服用し始めるタイミングとしては経口避妊薬でも緊急用でないこのタイプの毎日服用型のものでは生理の初日から服用する形になります。
しかしながら飲み始めてすぐに避妊の効果が期待できるわけではありません。
飲み初めから1週間程度は妊娠をする可能性があるので、しばらくは他の避妊方法と併用するようにします。
いつから効果が期待できるのかという目安としては服用開始から1週間程度といえます。

この種類のピルは毎日しっかりと服用することが大切であり、正しい服用で避妊の成功率が100%に近い状態になります。
飲むのを忘れても2日以上、48時間以上間が空くことがなければ、効果は持続します。
しかしながら、48時間以上経過してしまった場合には他の避妊方法に切り替える必要があります。

また、初めて女性ホルモンが入った錠剤を服用することで体が対応できないこともあります。
体に薬が慣れるまではしばらく妊娠をした時のつわりのような気持ち悪さやむくみのような症状が出ることもあります。
しかし、これは一時的なものであり、徐々に体が慣れていくとそのような症状が気にならなくなります。

ピルを飲む目的というのは人によって違うものですが、主には避妊目的として使うことが多いので、いつからその効果が出始めるのかということをしっかりと理解して、飲み方に注意をしていくようにします。
毎日の性生活を安心して穏やかに送ることができるようにするためにも知識を持って対応していく必要があります。
ピルは避妊効果は抜群ですが、性感染症の予防にはならないので、そのあたりの理解も深めるようにしましょう。